少年のお洒落な緑のサングラス

おはこんばんちわ
ふわふわHです。

今日はやや暖かそうだったので
f0283816_11482584.jpg
「SKOOKUM」を羽織っていました。
決して「SKOOKUMが暖かくない」ということでは有りません。
むしろ暖かいです。
ダウンマウンテンパーカーよりというだけです。

f0283816_11482450.jpg
足元は久しく履いてなかった「AllenのBradley」
この時期、靴はくるぶしまでないと寒いですね。
f0283816_12070107.jpg
デニムは「RESOLUTE 710」
色がスカスカになってきたのでこちらも登板回数は激減しております。
個人的に丈詰めしすぎてやや短い。レングスはいつも30でジャストです。

お馴染みのUNIQLOヒートテックに
f0283816_12070207.jpg
無印さんの5年前くらいのブルーグレーのボタンダウン。
そしてまたまた登場のUNIQLOのクルーネックセーター
色はチャコールグレー。これも5年以上前だったような気がします。
毛玉がイイ感じに沢山あるのが特徴です。


なぜ、こんなことを赤裸々に描くかと言いますと、
出勤している時、7歳くらいの少年がお洒落な緑レンズのサングラスをかけているなー、
と思っていたら「スカウター」でした。
「カッコイイ!」と思ったと同時に彼のレンズには「戦闘能力」と「装備品」が表示されていた筈。
そう考えた時、自分もそのスカウターがすごく欲しくなりました。





※当店では革靴のケア・クリーニングのみを承っております。
靴修理をご希望のお客様には併設のカルツェリアホソノをご案内いたします。


シューケア・レザーケア用品のお買い物ができます。






店舗情報
住 所 : 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル2F
 カルツェリアホソノ ANNEX ROOM
TEL : 03-6450-5126


# by shoecarefans | 2017-01-22 12:29 | その他 | Trackback

好きになったきっかけ

おはこんばんちわ
年始初ふわふわHです。

そして、
明日も荒井氏海外出張の為、わたしが入店致しますm(_ _)m

f0283816_13471987.jpg
「今日の私靴」

荒井氏の前回のブログには色々と考えさせられましたね。
革靴の良さ。
http://fans.exblog.jp/27448195/
好きで履いていたものの改めて考えみると自分にとって何が一番に来るのでしょうか。


わたしが初めて履いた革靴は「REDWING 875」
最初は痛くて痛くて…
サイズも大きすぎて全く合わない…

革靴なんて何がいいんだ?と中学生の時思ってあまり履きませんでした。

登板回数は少ないながらもある日突然「履きやすくなってる…」

不思議ですね。
サイズも合ってないのに履きやすくなるって。

どんだけ履きにくかったのか…

なんかその感動が忘れられず革靴が好きになったような気がします。

昨日に対して革靴が好きになったのはその後しばらく時間が経ってから。

好きになるきっかけは十人十色。

革靴を好きになったきっかけを思い出してみるのも面白いかもしれません。









※当店では革靴のケア・クリーニングのみを承っております。
靴修理をご希望のお客様には併設のカルツェリアホソノをご案内いたします。


シューケア・レザーケア用品のお買い物ができます。






店舗情報
住 所 : 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル2F
 カルツェリアホソノ ANNEX ROOM
TEL : 03-6450-5126


# by shoecarefans | 2017-01-21 14:12 | 靴を語る | Trackback

革靴の良さ

荒井です。
昨年の秋に、取引先のアパレルショップの店頭で、靴の商品説明とシューケア講習のイベントをさせていただいたのですが、
一日3~4回で2日間(2店舗)にて商品説明をした際に、自分でも話しているうちに“革靴の良さ”を再認識したような経験をしました。

はじめは、製法について(グッドイヤー製法とは)などを中心にお話ししていたのですが、
聞いて頂いているお客様たちは、靴はお好きかと思いますがマニアではないのです。しかも女性が多い。

なので、数回目の公演からは “革靴はなぜ良いのか?”という質問形式の話に切り替えました。
私の考える“革靴の良いところ”は大きく2点あるのですが、何と何でしょうか?というところ始まる形式にしました。
FANS.ブログの読者のかたは革靴愛好家が多いかと思われますが、
どう考えますでしょうか?

私の答えですが、

革は、
1、可塑性がある(足に馴染む)
2、吸湿性に富む(足が蒸れにくい)

この2点が古来から履物に“革”を多く利用されてきた理由だと、
認識しているつもりでしたが、あらためて再認識した機会でした。やはり人は何かを他人に教えるときに自分が勉強になるのですね。

他にも良さは沢山あると思います。
表情(味)が出てカッコいいとか、摩耗に強いとか、硬さ柔らかさがちょうど良いとか、それと“生命が宿っているから”なんていう考えも良いですね。
ただその中でも、とても大きい要素と私が思ったのはこの2点です。
他の素材にはなかなか持ち得ない要素かと。

なので、この2つの大きな特性を最大限に生かし、“最高に快適な履物”と“さらに快適にするメンテナンス”を提供することがFANS.の使命であることをあらためて認識した次第でした。

f0283816_15423886.jpg

# by shoecarefans | 2017-01-15 20:33 | Trackback