ストレートチップって??

皆様おはこんばんちわ

本日2度目のふわふわHです!

続きましては一足は持っていないと困っちゃう
「ストレートチップ」についてお話したいと思います。


【HIROSHI ARAI】

f0283816_12493644.jpg

デザイン0009sS
パティーヌ仕上げ
ラスト・・AR-701


ストレートチップ・シューズ

英国ではキャップトゥと呼ばれていますね。

先端の別パーツが、チップと言われています。

そして・・・
なぜストレートチップが一番フォーマルなのか?

【正面】
f0283816_12494851.jpg


甲の羽根の形でのフォーマルの度合いが違います。
 内羽根の方が外羽根よりフォーマルとされています。 

なぜフォーマルなのか・・・
それは外羽根が戦闘用で履く靴が起源とされているのに対して、
内羽根の靴の発祥は19世紀のイギリス王室。
王侯貴族が愛用した室内履きが起源とされているため
 フォーマルユースや室内執務用の靴、つまり仕事用として普及して行ったそうです!


その中でも、爪先に施された一文字状のストレートチップが昼間の礼装用として
最もフォーマルらしい靴といわれる由縁のようです。 

【自分の目線から】
f0283816_12495784.jpg

今回画像としてあげている靴はパティーヌ仕上げのストレートチップ
このような特殊な仕上げにも関わらずこの上品さ。

靴好きならばもちろん

革靴入門の方なんかにも黒でしたらおすすめですね。
なにせ、一生履く靴ですし
登場シーンも多いはず!
少しの奮発も大目に見れます笑

【サイドから】
f0283816_12494325.jpg


こんなに熱く語っているのに
ストレートチップを買おう買おうと悩みつつ
悩み過ぎてまだ買っていないふわふわHでした笑



〈お知らせ〉
3月の荒井弘史の入店日は

3月1日(土)16:00~20:00
3月15日(土)16:00~20:00

の2日間となっております。ご予約などは不要です。
お気軽にご来店ください(・∀・)


by shoecarefans | 2014-03-02 13:04 | 靴を語る
<< 履いてみたい靴を履いてみる サイドゴアブーツに迫る!! >>