ラストに包まれた靴の真実~calzeria HOSONO~

「キュッとつまんで」
f0283816_12254903.jpg
「トン」
f0283816_12254742.jpg
皆様おはこんばんちわ
某CM
「シュッとしてチャリン」ならぬ
「キュッとしてトン」にはまりつつある
ふわふわHです。


前回紹介させて頂い
続き

第八回
ラストに包まれた靴の真実~calzeria HOSONO~
をご紹介致します。


f0283816_12254385.jpg
「キュッとしてトン」を何回も繰り返しこの形に

ただの平たい革が縫い合わされ立体的になったと思ったら
ラストに包まれ「キュッとしてトン」を経ることにより

f0283816_12254286.jpg
この曲線美、素晴らしい。


f0283816_12254396.jpg
わがままを言ってライニングとの感じを調べさせて頂きます。
途中工程の状態にして頂いていたのでこんな感じに…


f0283816_12254374.jpg
めくってみました。
こういう工程を経て靴になることを実感。
そして、革の偉大さ、職人の凄腕に感服いたしました。

f0283816_12255565.jpg
両足並べるとさらに良い感じです。

ちなみに、この「キュッとしてトン」という作業は
靴制作にあたってかなり重要度の高い『釣り込み』という作業になります。

簡単に説明させて頂きますと
アッパーのくせづけ加工で
クリンピング (釣り込み工程) と呼びます。
革のクセを見ながら必要な力、正しい方向で釣り込むことにより
長年履き込んでも型崩れしにくい靴が出来上がります。

釣り込みは機械でやると比較的簡単なのですが
構造上、靴は複雑な曲線でできています。
そのバランスを人間の手で釣り込む(手釣り)方が
『革の負担を軽減』しバランスよく仕上げることが出来るのです。

靴の仕上がりを左右するとても重要な作業「クリンピング」
どんなによいデザインでもクリンピング作業に失敗すれば
全てが台無しになってしまうのです。

いよいよ底付けの工程に近づいてきました。

【お知らせ】
荒井弘史本人がFANS.青山の店頭で接客をさせて頂きます‼



10/18(土) 16:00~20:00に入店の予定です



木型やデザイン、フィッティングのご相談などお気軽にお話しして下さい(・∀・)

予約制ではありませんのでお気軽にご来店ください☆彡






■店舗情報
住 所 :東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル2F
     カルツェリアホソノ ANNEX ROOM
TEL :03-6450-5126
営業時間 12:00~20:00(月~土曜日)
       11:00~19:00(日曜祝日)
        定休日:火曜日



[PR]
by shoecarefans | 2014-10-17 13:09 | 靴制作工程
<< バーガンディーとボルドーの違い 確かにシューホーンは重要です。... >>