微妙に違うからこそ選択の余地があるストレートチップ

ユニクロでアンディウォーホルの作品を用いた大きな大きなブランケットをゲットして幸せなレオです。
今年のSPRZNYシリーズはいいですね。ちょっとしたミュージアムグッズよりもバリエーションが豊富でとてもいい感じ。
オーダー会もいよいよ来週の土日に迫って参りましたが、バリエーションといえばこの二足。

f0283816_11322446.jpg

ラストが違うだけでなくデザインがビミョーに違う…
ほらこのキャップのステッチの本数。

f0283816_11322523.jpg

切り替え部分のカーブの度合い。

f0283816_11322675.jpg

f0283816_11322532.jpg

ビミョーに違います。
どっちが良いのか?かっこいいのか?悩みますね。
LINE@でも書きましたが私はモダーンなムラのあるイチョウの葉っぱのような方が好み。
東欧の靴っぽくてかっこいいですからね。それに普段からバリバリのクラシックスタイルに身を包んでいるわけでもないのでいざというときだけクラシックに攻めても…

ストレートチップという限られた枠内で少しでも自らに近づける

それが


ってことで

黒い靴:基本料金41000円+税
ムラのある綺麗な靴:基本料金41000円&パティーヌ20000円+税





■店舗情報
住 所 :東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル2F
     カルツェリアホソノ ANNEX ROOM
TEL :03-6450-5126
営業時間 12:00~20:00(月~土曜日)
       11:00~19:00(日曜祝日)
        定休日:火曜日



by shoecarefans | 2014-12-07 11:39 | ARAI靴
<< エイジングを楽しみたくなる革と... 見とれる靴を作ってみては? >>