レザーソールが傷みやすい季節がやってきます

こんにちは☆

ゲリラ豪雨男。虎吉でございます015.gif


皆様、お昼前の豪雨大丈夫でした?

表参道交差点付近は傘が意味をなさないくらいの雨でした057.gif



いよいよこんな季節になってきましたね〜


さて、今日は

【忘れがちな梅雨対策】のお話☆




革底に潤いがなくなって乾燥すると、歩くたびに皮革の繊維が切れやすくなります。
特に一旦雨に濡れ、それが乾燥した際は繊維が弱った状態になりますので要注意です!

そうなれば、当然、底の減りが早くなりますし、乾燥状態は皮革も硬化させますので、靴の返りも悪くなります。従いまして、乾燥によるデメリットはかなり大きいです。お手入れ方法につきましては、靴底なので、アッパーのお手入れとは使用するものが、異なります。光沢が出るロウが沢山入ったクリームやワックス、あるいはミンクオイルなど油分の多い保革剤などでは、滑り易くなります。

FANS.ではM.モゥブレィ・ソールモイスチャーライザーという革底専用の保革剤を適量塗りこんで、皮革の柔軟性を維持しながら、栄養を与えることをおすすめしています。定期的に使用することで、潤いがしっかりと革底に伝わり靴底の減りが遅くなり、歩行時の返りが向上します。


ケアの手順はアッパーと同じです。
f0283816_13500514.jpg




① ステインリムーバーで底に付着した汚れを取り除きます。(多少、水分が入る事で、次に塗るソールモイスチャライザーのノリも良くなります。)


② ソールモイスチャライザーを底にのせていきます。

③ ぺネトレィトブラシで全体にまんべんなく擦りこんで完了。(ブラシを使用することで、ムラなくスピーディーに作業出来ます。)





[PR]
by shoecarefans | 2014-05-22 14:05 | 靴のお手入れ

M.Mowbray公式ショップ 「FANS.浅草本店」


by shoecarefans
カレンダー