2018年 05月 30日 ( 1 )

こんにちは、ミムラです。
昨日は「路上靴磨き」のイベントが都内で開催され大行列だったそうです。
今年もますます靴磨き・シューケアへの注目が集まる年にしたいですね!

というわけで、今回は「靴磨き」「シューケア」を行う最大のメリットについて。
なによりもまず磨いた靴は「高級感」が違います!
適切なシューケアを行えばより高級そうに「高見え」してくれます!
全3回に分けて「高見え」特集を行いますので、どうぞご覧ください。
f0283816_12375126.jpg
(Before)
こちらは磨く前。
私物の古靴です。
だいぶ古いものなので形が崩れ、表面のダメージも目立ちます。
しかし磨けばまだまだ全然、現役で履けます!
f0283816_12375272.jpg
(After)
こちらが磨いた後です。
このAfterのゴールまで「高見え」させたいと思います!

f0283816_13483575.jpg
今回使うケアグッズはこちらの3点です。
「アビィ・レザースティック」\6,500+税
「M.Mowbrayソールモイスチャライザー」\1,500+税
「M.Mowbrayウェルトクリーム」\1,000+税

さて、まずは”ここ”から磨いていきましょう。
第一回「コバ磨き編」
f0283816_12375148.jpg
”通ほど”ご存知の通り、靴のコバ周りは大事です。
この部分がカサカサになっているとせっかくアッパーを磨いても画竜点睛に欠くというもの。
はじめにコバのケアを行います。
f0283816_12375019.jpg
(Before)

基本的にはコバ専用クリーム「M.Mowbrayウェルトクリーム」を塗って磨くだけでも大丈夫です。
ですが、こちらの古靴は恐らくコバインキやワックスなどが堆積しているようでボコボコしています。
ウェルトクリームだけでは足りない時、ステインリムーバーで汚れを落としてから「M.Mowbrayソールモイスチャライザー」を使います。
f0283816_12375002.jpg
このようにアビィ・レザースティックでソールモイスチャライザーを押し込みます。
表面が平らになるように、強めにプレスしながらぐりぐりと。

f0283816_12374955.jpg
(After)
そして再び「M.Mowbrayウェルトクリーム」を使って磨き上げればこのように。
ツルっと滑らかな表情になればOK
ソールモイスチャライザーで水分を補いつつレザースティックで潰すのがポイントです。
ヤスリがけして更にフラットにする方法もありますが、コバの張り出しを削ってしまうとオールソール修理に弊害が出てくるデメリットがあります。
そのため、靴を長く履くことを考えるとクリームとレザースティックを使う方法をオススメしております。

f0283816_12374957.jpg
(←Before After→)
コバを磨いてからアッパーを磨くとこの通り。
今回の「高見え」ポイントは「コバもしっかり磨く」です。
そして次回は更に高級感を上げる方法を追求していきます。
お楽しみにお待ち下さい。

コバとソールのケア アップチャージ+1,000円+税




[PR]
by shoecarefans | 2018-05-30 13:34 | 靴のお手入れ

M.Mowbray公式ショップ 「FANS.浅草本店」


by shoecarefans