<   2018年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧

こんにちは、ミムラです。
あいにくの天気ではありますが、皆様のご来店ありがとうございます。

さて、浅草といえば靴の聖地、いわば日本のノーザンプトン……とまで言うと言い過ぎでしょうか(笑)
そして浅草の誇るシューメーカー、靴職人といえばRENDOの吉見氏、また荒井弘史靴研究所の荒井弘史氏が浮かびます。


お二人のインタビューは読み応えがあってオススメです。

今回ご紹介する靴はそのRENDOの一足です。
f0283816_10253114.jpg
f0283816_10253185.jpg
元はダメージにより色が退色していたので、今回はツヤと色のノリが強いEnglishguildとレザーコンシーラーを使用して磨きました。
なるべく元の色味に近づけるために、バーガンディーとブラウン系のクリームを使っています。

それにしてもRENDO、やっぱりかっこいいですよね。
個人的には革を縫い合わせたサイドエラの蛇腹が好みです。

浅草の誇るRENDO吉見鉄平氏、荒井弘史氏。
FANS.浅草本店も浅草の誇る靴磨き職人の店と呼ばれるよう精一杯がんばっていきたいと思います。
RENDOのお手入れ、靴磨きお任せください。

色とツヤを重視したプレミアムケア \1,500+税 15分~

【荒井弘史 入店日】
6/3 (日)
6/9 (土)
6/17(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)


[PR]
by shoecarefans | 2018-05-31 10:33 | Before/After
こんにちは、ミムラです。
昨日は「路上靴磨き」のイベントが都内で開催され大行列だったそうです。
今年もますます靴磨き・シューケアへの注目が集まる年にしたいですね!

というわけで、今回は「靴磨き」「シューケア」を行う最大のメリットについて。
なによりもまず磨いた靴は「高級感」が違います!
適切なシューケアを行えばより高級そうに「高見え」してくれます!
全3回に分けて「高見え」特集を行いますので、どうぞご覧ください。
f0283816_12375126.jpg
(Before)
こちらは磨く前。
私物の古靴です。
だいぶ古いものなので形が崩れ、表面のダメージも目立ちます。
しかし磨けばまだまだ全然、現役で履けます!
f0283816_12375272.jpg
(After)
こちらが磨いた後です。
このAfterのゴールまで「高見え」させたいと思います!

f0283816_13483575.jpg
今回使うケアグッズはこちらの3点です。
「アビィ・レザースティック」\6,500+税
「M.Mowbrayソールモイスチャライザー」\1,500+税
「M.Mowbrayウェルトクリーム」\1,000+税

さて、まずは”ここ”から磨いていきましょう。
第一回「コバ磨き編」
f0283816_12375148.jpg
”通ほど”ご存知の通り、靴のコバ周りは大事です。
この部分がカサカサになっているとせっかくアッパーを磨いても画竜点睛に欠くというもの。
はじめにコバのケアを行います。
f0283816_12375019.jpg
(Before)

基本的にはコバ専用クリーム「M.Mowbrayウェルトクリーム」を塗って磨くだけでも大丈夫です。
ですが、こちらの古靴は恐らくコバインキやワックスなどが堆積しているようでボコボコしています。
ウェルトクリームだけでは足りない時、ステインリムーバーで汚れを落としてから「M.Mowbrayソールモイスチャライザー」を使います。
f0283816_12375002.jpg
このようにアビィ・レザースティックでソールモイスチャライザーを押し込みます。
表面が平らになるように、強めにプレスしながらぐりぐりと。

f0283816_12374955.jpg
(After)
そして再び「M.Mowbrayウェルトクリーム」を使って磨き上げればこのように。
ツルっと滑らかな表情になればOK
ソールモイスチャライザーで水分を補いつつレザースティックで潰すのがポイントです。
ヤスリがけして更にフラットにする方法もありますが、コバの張り出しを削ってしまうとオールソール修理に弊害が出てくるデメリットがあります。
そのため、靴を長く履くことを考えるとクリームとレザースティックを使う方法をオススメしております。

f0283816_12374957.jpg
(←Before After→)
コバを磨いてからアッパーを磨くとこの通り。
今回の「高見え」ポイントは「コバもしっかり磨く」です。
そして次回は更に高級感を上げる方法を追求していきます。
お楽しみにお待ち下さい。

コバとソールのケア アップチャージ+1,000円+税




[PR]
by shoecarefans | 2018-05-30 13:34 | 靴のお手入れ
みなさまこんにちは、
毎度ご利用いただきありがとうございます。

FANS.浅草本店は、火曜定休でございます。
f0283816_14205861.jpeg

明日、5月29日(火)
店休日となっておりますので、お気をつけ下さい。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


【荒井弘史 入店日】
6/3 (日)
6/9 (土)
6/17(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)



[PR]
by shoecarefans | 2018-05-28 18:50 | お知らせ
みなさまこんにちは、
FANS.浅草本店です。

本日の、シューケアBefore/Afterは、
Church's ローファー 
鮮やかなオレンジのレディース靴
f0283816_11412983.jpeg
ご自身で定期的にお手入れされているとの事で、
状態は、○

本日は、クリームを入れ
そして、コバまわりも忘れずに
f0283816_11413640.jpeg
コバ部分お手入れしてあげるだけで、
見た目にもかなり変化が
忘れがちな部分になります、磨く際には、
コバ部分も是非一緒にお手入れを
f0283816_11414180.jpeg

みなさまのご来店お待ちしております。

              ななうみ  


【荒井弘史 入店日】
6/3 (日)
6/9 (土)
6/17(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)







[PR]
by shoecarefans | 2018-05-28 12:28 | Before/After

サンダル日和

みなさまこんにちは、
FANS.浅草本店です。

暑くなってまいりましたね。
まだ5月ですが。。。サンダル日和です!

早速履いてきた手製サンダル、お手入れもせず、ひどい状態。。。
f0283816_17371226.jpeg
デリケートクリームで保湿しました
f0283816_17372980.jpeg
今年も頑張ってもらうサンダルです。

みなさまのご来店お待ちしております。


【荒井弘史 入店日】
6/3 (日)
6/9 (土)
6/17(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)




[PR]
by shoecarefans | 2018-05-27 18:04 | 靴のお手入れ
こんにちは、ミムラです。
本日は天気がよく、磨いた靴がよく映えます。

さて、今回は靴磨きにも「遊び心」を取り入れてみたいと思います。
f0283816_12303900.jpg
片足は磨く前、もう片足は当店オリジナルメニュー、イルミナシャイン仕上げです。
これだけででもまるで別物のように見えますが、更に追求してみます。
せっかくシューレースをカスタムしたので、「ハイシャイン」もカスタムしてみました。

f0283816_12300944.jpg
f0283816_12491662.jpg
つま先とレースステイ周りに「ダークグリーン」をムラ感が出るように乗せてみました。
革に染料を染み込ませる「染め替え」ではありません。
ワックスの上に顔料を乗せています。
そのため、例えば黒い靴のつま先を赤くしたりもできますし、修正もいくらでも可能です。
ワックスを落とせばまた元通りのブラウンに戻ります。

靴を磨いて、ヒモを変えるだけでも靴はもっと楽しむことができます。
靴のお手入れにも「遊び心」を取り入れてみてはいかがでしょうか?
(こちらのような仕上げをご希望の場合、3日~1週間ほどお預かりになります。
また靴によっては難しい場合もございます。)


【荒井弘史 入店日】
6/3 (日)
6/9 (土)
6/17(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)

[PR]
by shoecarefans | 2018-05-27 13:37 | 靴のお手入れ
革好きにはたまらない革が揃う、FANS.浅草本店。
本日は荒井弘史が入店しております。
皆様のご来店、誠にありがとうございます。
混雑してしまうこともあり、申し訳ございません。

さて、前回は「ベジタブルタンニンレザー」をご紹介しましたが、今回はまた一風変わった革をご紹介します。

f0283816_15070775.jpg
本日の荒井氏の足元です。
おや?この革はいったい……?
ズームアップしてみましょう。

f0283816_15070949.jpg
表面の毛穴が大きく、シワの感じも牛革とは違う表情。
ペッカリー?しかしペッカリーならもう少し薄い感じの革のはず。
わかった方はかなりのマニアです!
こちらはなんと「イノシシ」の革。

特徴はこの毛穴の凹凸です。
ペッカリーもイノシシと近い種なので似た特徴ですね。
天然ならではのシボ感!
メリットは恐らくピッグレザー、ペッカリーと近いのではないでしょうか。
軽くて丈夫。吸湿性が良い。
ペッカリーの薄さになると非常に柔らかですが、イノシシの革となると果たして?
こちらのモデルはなかなか硬めの質感です。
しかし鞣し方にもよるところなので一概には言えないようです。
フルタンニン鞣しのため、きっと履き込んだ時の馴染みは良いはずと思われます。

デメリットはこの質感、メリットもまたこの質感。
まさにマニアックなレザー!

ちなみに常時展開しているレザーではありません。
「山で獲れたら」お作りいただけます。
イノシシなので仕方ないですね!

野生の革、野生の靴、個人的にはまさにこの点こそ「イノシシレザー」の魅力です。
ライブ感といえばよいでしょうか?
またはイノシシの命を頂戴し、一足の靴に仕立てる工程、ライフ感とも。
靴が出来上がるまでのプロセス、また出来上がって履き込んでいった時の変化を楽しみたい方にオススメです。
”本物の野生”だからこその革です。
そのため、在庫ストックはありません。
ご希望のお客様はご予約をお願いいたします。
「山で獲れたら」ご連絡いたします。
(ちなみに最近、よいイノシシが獲れたそうなので入荷できるかもしれません)

【荒井弘史 入店日】
5/26(土)
6/3 (日)
6/9 (土)
6/17(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)


[PR]
by shoecarefans | 2018-05-26 16:43 | HIROSHI ARAI
こんにちは、ミムラです。
本日はデザイナー荒井弘史の入店日です。

なにやら面白い靴を履いている様子……。
後ほどブログにアップします。
お楽しみにお待ち下さいませ。

最近お客様より「レディースも作れるの?」というご相談をよく頂戴します。
荒井弘史氏に直接聞いてみました。

「もちろんできます」

女性用の本格的な革靴はなかなかありません。
当店、FANS.浅草本店でしたら”本格派”をお好みの女性にもご満足いただける一足が作れます。
本日は空いておりますので、ぜひお気軽にオーダーシューズのご相談、歓迎でございます。


【荒井弘史 入店日】
5/26(土)
6/3 (日)
6/9 (土)
6/17(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)

[PR]
by shoecarefans | 2018-05-26 11:45 | HIROSHI ARAI
こんにちは、ミムラです。
「革好き」「レザーマニア」「エイジング派」
そんな皆様にオススメの革がございます。

「ベジタブルタンニンレザー」

その名はどこかで聞いたという方も多いかもしれません。
しかし、実際どんな革なのか?
f0283816_11524321.jpg
【荒井弘史 HIROSHI ARAI】
例えばこちらの一足はベジタブルタニンンレザーです。
クロムやタンニン、鞣し方など細かな話を抜きにして
「磨き屋として」この革の特性について語るなら「職人泣かせ」だと思います。
まず非常にシミになりやすく、クリームもかなり吸い込みます。
なので扱いが難しく、汚れ落としするだけでも気を使います。
変化が起きやすく、ムラや傷も目立ちやすいです。

そうしたデメリットもありますが、しかしこの革にしかないメリットも多くあります。
f0283816_11524318.jpg
試し履きをしてみました。
左足の軽く曲げたときのシワの表情をご覧ください。
履いたらすぐにわかります、非常に柔らかい!
まるで革の手袋を着けているかのように足にピタッと馴染みます。
この履き心地は他の革では味わえません。
ぜひご来店の際にはご試着してみてください。

そしてベジタブルタンニンレザーはどうやって手入れすればよいのか?
ぜひこだわっていただければと思います!
クリームを良く吸うので好みの色の方向性に育てられます。
つま先やカカトだけアンティーク調に仕上げるのも非常にマッチします。
またしっかり磨くと、独特の透明感のあるツヤが出てきます。
雨に弱くシミにはなりやすいものの、シミになっても復活しやすいです。
クリーニングすることでほとんどの場合は改善してくれます。
そうして長く、手入れしながら付き合うと最高の一足に育つ革です。

というメリットとデメリットがある革、ベジタブルタンニンレザー。
扱いが難しい代わりに手間をかければ唯一無二の相棒になるポテンシャルを秘めています。

良い革、悪い革、というのはないと個人的には思います。
それぞれのメリット・デメリットがございます。

お客様のご要望に合うような革、それが一番の「良い革」の条件だと考えています。
当店ではベジタブルタンニンレザーも数種類ご用意しております。
ぜひこの味わい、柔らかさ、透明感をお手に触れてお確かめください。
お気に召しました革があれば一足作ってみると楽しめるかと思います。

ターンオーダー\47,500~(税別)
ビスポーク、フルオーダー\247,500~(税別)
全てのお客様に、他にはない特別な一足がオーダー可能です。
ご予約優先で承っておりますので、お電話、または荒井弘史靴研究所のお問い合わせフォームからご連絡をよろしくお願いいたします。
ぜひみなさまのご来店を、FANS.浅草本店にてお待ちしております。

【荒井弘史 入店日】
5/26(土)
6/3 (日)
6/9 (土)
6/17(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)



[PR]
by shoecarefans | 2018-05-25 12:30 | HIROSHI ARAI
明日5/26(土曜)は荒井弘史入店日です。

当店では荒井弘史の作る靴のパターンオーダー、フルオーダー(ビスポーク)を承っております。
メンズ・レディース問わずお作りいたします。

またパターンオーダーでもお客様の足を測定しご案内いたします。
履けるサンプルシューズも多種多様にお取り揃えございますので、ぜひご来店くださいませ。

荒井氏の靴は全てオーダーメイドのため、サイズ、幅、甲の高さなど調節可能です。
パターンオーダーでもほとんどのお客様にはご満足いただけるかと思います。
フルオーダーではオリジナルのデザイン案、木型をお客様といっしょに作り上げます。
パターンオーダー\47,500~(税別)
ビスポーク、フルオーダー\247,500~(税別)
全てのお客様に、他にはない特別な一足がオーダー可能です。
ご予約優先で承っておりますので、お電話、または荒井弘史靴研究所のお問い合わせフォームからご連絡をよろしくお願いいたします。
ぜひみなさまのご来店を、FANS.浅草本店にてお待ちしております。

【荒井弘史 入店日】
5/26(土)
6/3 (日)
6/9 (土)
6/17(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)

[PR]
by shoecarefans | 2018-05-25 10:07 | お知らせ

M.Mowbray公式ショップ 「FANS.浅草本店」


by shoecarefans
カレンダー