タグ:Saint Crispin's ( 4 ) タグの人気記事

こんにちは、ミムラです。
猛暑日が続きいきなり夏本番という気分です。
こんな時期にはレザーのサンダルとか欲しくなります。
荒井さんに作る予定がないか、聞いてみたいところです。

さて、今回は雨に降られてしまった靴のクリーニング、仕上げ編です。
前回の記事はこちらからご覧ください。
f0283816_12004478.jpg
【Before】
f0283816_11102692.jpg
【After】
全体をつややかに磨き上げる「イルミナシャイン」、つま先はやや濃い目のアンティーク調です。
シミはどうなったのでしょうか?

f0283816_12375352.jpg
【Before】
f0283816_11102819.jpg
【After】
f0283816_11132642.jpg
【Saint Crispin's Illumina-Shine】
クリーニングによってシミはほとんど目立たなくなりました。
そしてクリーニング後、磨き上げてあげることで靴の躍動感が引き立ちます。

クリーニングの効果は第一には「靴のコンディションを整える」こと。
革にたまった汗や、表面の汚れをキレイにすることで靴の寿命がより長くなりモチッとした質感が戻ってくれます。
また水で洗うことで雨ジミなど軽いシミの改善も期待できます。
もし雨に濡れてしまったらクリーニングがお勧めです。

クリーニング(靴の水洗い) 2,500円+税 1週間のお預かり

【荒井弘史 入店日】
7/14(土)
7/21(土)
7/29(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)

[PR]
by shoecarefans | 2018-07-11 11:26 | Before/After
こんにちは、ミムラです。
梅雨明けにもかかわらず雨ばかりで困りますね。
今回は、そんな雨で困ったことになってしまったお靴の紹介です。

f0283816_12004478.jpg
【Saint Crispin's(サンクリスピン)】
おや?この靴はどこかで見覚えが?
そう、実は以前にもブログで登場しております。


東欧の極上名靴、サンクリスピン。
この独特のアデレードとパーフォレーションのデザインはやっぱり不思議なバランス感ですね。

正面から見る限りでは違和感がないかもしれません。
しかし横から見ると、実はとある”問題”が起きています……!

f0283816_12003407.jpg
じっくり見るとつま先のシミと、白っぽくなっている部分が……。
f0283816_12375352.jpg
わかりやすく丸で囲ってみました。
つま先のシミ、それと白くなっている箇所がハッキリとわかるかと思います。
これはよくある”雨ジミ”の症状です。
気にせずしばらく履いてしまったようですが、まだ比較的軽度なのでクリーニングでなんとかなります!

それでは後日、クリーニングAfterのブログをお待ちくださいませ。


[PR]
by shoecarefans | 2018-07-07 12:59 | Before/After
こんにちは、ミムラです。
今日も朝から浅草は靴磨き日和ですね。
天気がいいと磨いた靴がよく映えます!

さて、今回もとある靴をbefore・afterでご紹介します。

f0283816_13034850.jpg
f0283816_13034958.jpg
【Saint Crispin's】(Before)以前にもご紹介した東欧の極上名靴「サンクリスピン」
今回はUチップ、そして革はあの”ロシアンカーフ”です!
ただ、本物のオリジナルロシアンカーフではありません(笑)
レプリカですが、それにしても良い革です。
独特の型押し加工は見た目にも華やか!
ちなみに前回のサンクリスピンはこちらの記事をどうぞ↓

さて、写真をご覧いただくと分かる通りつま先に擦れ傷があります。
しかしこのロシアンカーフはツヤ感だけでなく、回復力にも優れているので磨けばこのくらい簡単に消えてしまいます。
それではafterの画像をどうぞ。

f0283816_13034830.jpg
(After)
磨けばこの通り。
ツヤ感も申し分ありません。
前回と同様、よくクリームを吸ってくれてエイジングの楽しめる革ですね。

f0283816_13034967.jpg
ちなみに、ソールもおもしろい仕様です。
オーダー品のため飾り釘で花が描かれています。
シームレスヒールやモカ縫いはもちろん手間のかかる職人の仕事ですが、この釘も相当な手間がかかっています。
ハンドメイドにこだわる東欧の極上名靴サンクリスピン、やはり流石です。
次回またお持込いただく時を楽しみにしております。

【荒井弘史 入店日】
5/20(日)
5/26(土)
6/3 (日)
6/9 (土)
6/17(日)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)



[PR]
by shoecarefans | 2018-05-16 13:19 | Before/After
こんにちは、ミムラです。
今日は天気が良く、こちら浅草では靴磨きが盛り上がっております!

さて、本日はお客様がとある名靴を持ち込んでくれました。
Before/Afterでどうぞ。
f0283816_15502396.jpg
Before

【Saint Crispin's】
当店のブログをご覧になるほど”通”なお客様であれば、もしやご存知かもしれません(笑)
革靴といえばイタリアとイギリス、そしてアメリカが3大メジャーですが、マイナーの中のメジャー枠。
紳士靴マイナーメジャー界の「東欧」からやってきてくれました。
名靴サンクリスピン(Saint Crispin's)です。コバの出方で見抜くのがポイントです。
東欧靴の良さとはなにか?
丁寧な手作業の「ぬくもり」ではないかと。
もちろん作りは最高峰のハンドメイドです。
ですが、どことなく曲線のある木型とデザイン、そして味のにじみ出るレザー。
これこそ唯一無二という気がします。
それでは磨き後の姿をどうぞ。
f0283816_15495303.jpg
After①
f0283816_15495429.jpg
After②
磨くとよく光る、そしてクリームがよく染み込む!
ヒールの造形も美しい!
エイジングの楽しめる一足です。
つま先の擦れやキズも良い馴染み方をしてくれます。

それにしてもこの特徴的なアデレード、おもしろいですよね。
なんとなくですが、個人的にはボノーラが似たアデレードだったなぁと頭をよぎります。
あとこの箇所にだけ入るパーフォレーションもまた興味深い……。

ところでどことなく、荒井弘史の靴には近い雰囲気を感じてしまいます。
柔らかな曲線的造形、ぬくもりのある表情。
明日は荒井弘史氏の入店日です。
荒井と共に、皆様のご来店お待ちしております。


【荒井弘史 入店日】
5/12(土)
5/20(日)
5/26(土)

FANS.浅草本店 店舗情報
〒111-0034 東京都台東区雷門2-13-4 岡本ビル1F
営業時間: 10:00~19:00
TEL:03-5811-1831
(火曜定休)

[PR]
by shoecarefans | 2018-05-11 16:26 | Before/After

M.Mowbray公式ショップ 「FANS.浅草本店」


by shoecarefans
カレンダー